渋谷区恵比寿の国際基準カイロ院フィジック恵比寿◆筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の整体|フィジック恵比寿|国際基準カイロ

食後にムカムカしてげっぷが出る。胃食道逆流症で来院。

慢性的な胃の機能低下と胃酸の逆流

内臓の健康は背骨の健全さがポイント

30代 女性 主婦 港区表参道に在住

■初診の状態
・半年前から食後に胃がムカムカするようになった
・苦いようなゲップも出るため、他人と会う時に気になってしまう
・病院では胃食道逆流症と言われた
・港区表参道付近のカイロ、整体を探して来院

■検査結果
・胸椎の弯曲が減少している
・肩甲骨まわりの緊張が強い
・上腕二頭筋・腕撓骨筋の筋力低下
・骨盤の後傾

■施術内容
・肩甲骨まわりの筋肉を緩和操作
・胸椎の弯曲を付ける矯正
・骨盤の矯正とエクササイズ

■施術後の感想
・施術の後は背中がずいぶん軽くなった
・嫌なゲップが出なくなり、友人との食事も気軽に行けるようになった
・薬を飲まずに済んだことが嬉しい

■担当コメント
胃食道逆流症で来院されたケースです。
胃の問題でカイロプラクティックを選ばれる方も増えてきています。

胃食道逆流症は、食後のムカムカ、胸焼け、食事中の胸の痛み、横向きが辛い、などを特徴とする消化器の障害です。
胃酸の逆流によって食道の神経が刺激されるので、反射的に背中の張りを訴える場合があります。
その他にも、腕の脱力感、顎の痛み、などを訴えるケースも見られます。

原因はいくつかありますが、まずは胃の機能低下が挙げられます。
胃の機能が低下すると消化不良となり、胃酸の分泌時間が長くなります。
この消化不良が胃酸逆流の一つの要因です。

カイロでは、胃に関係する背骨の働きを整え、胃の機能を高める施術を行います。
その他にも姿勢の改善は大切です。
背中が丸まった姿勢は、内臓の圧迫および下垂を招きます。
下垂した内臓は機能低下を起こしますので、これも消化不良に繋がります。

少しでも早い改善のためには、普段の食事内容を見直すことも大切です。
ニンニク・こしょう・タマネギ・アルコール・カフェインなどは胃酸逆流の要因になりますので、一時的に避けたほうが賢明でしょう。

カイロプラクティックと、様々な領域から胃食道逆流症の改善に向けて、精一杯サポートをいたします。

※結果には個人差がある為、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

フィジック恵比寿
03-6450-2365
国際基準カイロプラクティック&少数ヨガスタジオ

東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829