渋谷区恵比寿の国際基準カイロ院フィジック恵比寿◆筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の整体|フィジック恵比寿|国際基準カイロ

重い額縁を持ち上げたら肘の痛みが出た。外側上顆炎(テニス肘)で来院

肘の外側に出る刺されたような痛み

前腕筋力のアンバランスがテニス肘を誘発


40代 女性 ギャラリースタッフ 杉並区和泉に在住
■初診の状態
・2か月前、額縁を持ち上げた瞬間に、右肘にズキっとした痛みを感じた。
・痛みは肘の外側で、現在も鋭い痛みが続いている。
・病院ではテニス肘と言われ、注射と電気治療を行ったが、あまり変化がない。
・現在はサポーターと湿布薬でごまかしながら過ごしている。
・このままでは日常生活に支障が出ると思い来院。

■検査結果
・右指を反らすように力を入れると肘の外側が痛む。
・手首の可動域が大きく、関節が不安定になっている。
・腕の屈筋と伸筋がアンバランス。
・肩まわりの筋緊張が強く、下部頸椎のゆがみ。

■施術内容
・ステンレスバーを使用して腕の伸筋腱をリリース
・下部頸椎の矯正
・肩まわりの緊張を緩和
・フレックスバーによる手首の筋力強化

■施術後の感想
・治療を受け始めてから肘の痛みを感じることもなくなり、今では問題なく重い額縁を持ち上げられるようになりました。

・病院での治療とは違い、痛みの原因にアプローチしてくれたことが改善につながったと思います。今まで経験したことのない施術方法でしたが、痛みもなく受けることができました。

・整体やマッサージに通うことも考えましたが、国際基準のカイロプラクティックを選んで良かったと思っています。

※ご本人の了承を頂き、掲載しております。

渋谷区恵比寿のゆがみ矯正ならフィジック。整体の予約はコチラ

■担当コメント
重い額縁を持ち上げた瞬間に、肘の外側を痛めてしまった方の症例です。

肘を痛める原因の一つに、腕の屈筋と伸筋のアンバランスが挙げられます。人間は関節を曲げ伸ばしすると、屈筋と伸筋に「緊張とゆるみ」の関係が生まれます。しかしこのバランスが崩れると、肘への負荷が強くなり、テニス肘を誘発する原因になることがあります。

また関節が柔らすぎると安定性が低下し、筋肉への過剰な負荷がかかるため、テニス肘は慢性化しやすい傾向があります。これは女性に多く見られる特徴です。

いずれのケースでも、まずは肘や手首の関節を矯正して働きを整えることが大切です。その後は段階的に筋力強化を行い、関節に必要な安定性を高めていくことで症状が徐々に変化していきます。肘の痛みに対しては超音波の治療よりも、筋力強化のエクササイズの方が痛みの緩和に役立つという研究結果もある程です。

また、フィジックではステンレス製のバーを使用した腱の障害専用の施術を行うことができます。カイロプラクティックのアプローチと併用することで、なかなか良くならない肘の痛みに対して有効な施術方法となります。

慢性的な症状に対して、「炎症が起こっているから」の一言で片付けられてしまうことはよくありますが、なぜ症状が長引いているのかを注意深く考えることで根本的な原因の解消につながります。

色々な施術を受けてみたものの、いまいち良くならないという方は一度ご相談ください。フィジック恵比寿がお役に立てるかもしれません。

※結果には個人差があり、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

WHO基準カイロプラクティック【フィジック恵比寿】
電話:03-6450-2365 <予約優先>
住所:東京都渋谷区広尾1-15-6 ヒーロービル3階
地図:Googleマップ

<料金>
初回施術料 5,300円(60分程度)
2回目以降 5,700円(30分程度)

月 10:30~20:30
火 10:30~20:30
水 10:30~20:30
木 定休日
金 定休日
土 10:30~19:00
日 10:30~19:00
祝 10:30~19:00
◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆-◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年11月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30