恵比寿の国際基準カイロ、フィジック恵比寿!筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の国際基準カイロプラクティック、フィジック恵比寿の症例サイトです。

親指の付け根に起こった腱鞘炎。もう湿布薬でごまかしたくない。

調味料のフタを開けるのが辛い!

結婚直後の慣れない家事が原因?

30代 女性 主婦 渋谷区東に在住

■初診の状態
・1ヶ月前から親指に力を入れると付け根が痛むようになった
・最近は力を入れなくてもジンジンする痛みが出る
・病院で腱鞘炎と言われ、湿布薬でごまかしている状態
・自分でできるストレッチなども教えてもらいたい
・渋谷、恵比寿の周辺で治療院を検索して来院

■検査結果
・伸筋支帯第1区画の腱鞘炎の疑い
・親指を開くと手首が痛む
・短母指伸筋の過剰な緊張
・遠位橈尺関節の機能障害

■施術内容
・遠位橈尺関節の緩やかな矯正
・肩甲骨のストレッチと肩関節の矯正
・特殊なバーを使用した親指腱のリリース
・背骨を緩やかに調整

■施術後の感想
・施術の後は手首を動かしやすくなっており、親指を広げた時の痛みが軽くなっていました。金属の棒を使った治療は痛みもなく、不思議な感じでした。

・病院の湿布薬で痛みをごまかしていましたが、教えて頂いたストレッチ方法などを自宅で行いながら、今のうちにしっかり治したいと思います。

※ご本人の了承を頂き、掲載しております。

■担当コメント
親指の腱鞘炎でフィジック恵比寿に来院された方の症例です。

親指は他の指に比べて使用頻度が高く、親指専用の筋肉が多く存在します。
その中でも、短母指伸筋・長母指外転筋という筋肉は負荷がかかりやすいと言われており、これらの腱が通過するトンネル(腱鞘)が炎症を起こした状態が腱鞘炎です。

このトンネルは別名第1区画と言われており、ここの腱鞘炎をドケルバン病と呼びます。
一時期、任天堂のWiiでドケルバン病が発症しやすくなると言われたため、聞いたことがあるかも知れません。

腱鞘炎に対するカイロプラクティックケアは、親指に関わる筋肉や腱を直接緩和する方法と、手首、肘、肩関節、背骨などの働きを高めて、腱鞘への負担を軽減する方法を行います。

腱鞘炎は突然生まれるもでのはなく、ある程度の期間に渡って手首や指への負荷が続いた結果だと言えます。
そのため、一時的に炎症が治まったとしても、また繰り返してしまう可能性があります。
カイロプラクティックで背骨を整えながら、体の使い方を見直していくことが大切でしょう。

※結果には個人差があり、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

フィジック恵比寿
03-6450-2365
国際基準カイロプラクティック&少数ヨガスタジオ

東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2019年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930