渋谷区恵比寿の国際基準カイロ院フィジック恵比寿◆筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の整体|フィジック恵比寿|国際基準カイロ

腱鞘炎とばね指◆親指の付け根が痛い

渋谷区 恵比寿駅 カイロプラクティック 整体 ばね指 フィジック

腕の使いすぎや長いパソコン作業で起こる腱鞘炎

屈筋腱と伸筋腱の調整と体のゆがみを正すことが大切です

40代 女性 会社員 港区白金台に在住

■初診の状態
・1ヶ月前から親指の付け根が痛みだした。
・曲げると途中から痛み出し、完全に曲げられない。
・曲げた状態から伸ばそうとすると「コクン」とバネを弾いたようになる。
・仕事で1日中パソコンを使うため、肩こりや肩甲骨のこりがひどい。
・家族に整体などを勧められ、恵比寿近辺で治療院を検索した。

■検査結果
・拇指屈筋腱に腱鞘炎(ばね指)の疑い。
・前腕の屈筋が過剰に緊張し、伸筋が筋力低下。
・肩甲骨の柔軟性が低下している。
・頚椎、胸椎のゆがみ。
・猫背であごを前に突き出した姿勢になっている。

■施術内容
・頚椎、胸椎の矯正。
・手首の関節を緩やかに調整。
・腕の屈筋を緩和操作。
・肩甲骨の柔軟性をつける運動療法。
・姿勢を正すストレッチをアドバイス。

■施術後の感想
・同僚からも猫背を指摘されていましたが、自分が思っていた以上に体がゆがんでいて驚きました。

・これまでは湿布薬などでごまかしていましたが、やっぱり体のプロに原因を解消してもらう必要があると実感しました。

・放置しておけば良くなると思っていましたが、年齢ごとに必要なメンテナンスも変わるんだということがよく分かりました。

■解説
親指の屈筋腱に腱鞘炎が起こり、それが進行してばね指を発症したと思われる症例です。

腱は「ベルト」で、腱鞘は「ベルトを通す部分」と表現できます。炎症が起こって腫れ上がった腱(ベルト)が、強引に腱鞘(ベルト通し)を通過してしまうため、バネを弾いたようにコクンと動いて痛みが出ます。

腱鞘炎とばね指の原因

原因は腕の屈筋と伸筋のアンバランスや、肩甲骨まわりの柔軟性低下、腕の動脈の圧迫による血行不良などが挙げられます。その多くは慢性的な姿勢の悪さや背骨のゆがみ、肘や手首の関節機能障害を伴うため、カイロプラクティックで骨格を整えることが大切です。

ばね指はパソコンやマウスを頻繁に使う方に多いため、作業姿勢の改善やデスク周りの環境を整えるなどの工夫も必要になります。まずは数回のカイロプラクティックによる矯正で骨格を正し、日常的にストレッチやアイスマッサージなどを加えながら改善を促すことが良いでしょう。

普段何気なく使用している指が使えなくなると、想像以上に苦しいものです。国際基準のカイロプラクティックを通して、健やかな毎日を送って頂けるようにしっかりサポートいたします!

※結果には個人差があり、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆-◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆

WHO基準カイロプラクティック【フィジック恵比寿】
【03-6450-2365】<予約優先>

<料金>
初回施術料 5,300円(60分程度)
2回目以降 5,700円(30分程度)
 
<住所>
東京都渋谷区広尾1-15-6 ヒーロービル3階

月 10:30~20:30
火 10:30~20:30
水 10:30~20:30
木 定休日
金 定休日
土 10:30~19:00
日 10:30~19:00
祝 10:30~19:00
◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆-◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆‐◆

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031