渋谷区恵比寿の国際基準カイロ院フィジック恵比寿◆筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の整体|フィジック恵比寿|国際基準カイロ

腕の痛みとしびれが辛い。変形性頚椎症で来院。

頚椎の変形が頭痛やめまいの原因に。
変形した部分ではなく、全体の機能を整える事が大切。

40代 男性 営業職
世田谷区池尻に在住 池尻大橋駅より来院

■初診の状態
・1年前から徐々に首の痛みが出てきた
・最近は腕もしびれるようになり、今後が不安
・病院ではレントゲン撮影をして、変形性頚椎症と言われている
・疲れると頭痛とめまいが出る時もある
・渋谷区周辺で信頼できる整体やカイロを探していた

brachial plexus

■検査結果
・下部頚椎の変形性頚椎症
・右腕のC6領域に痺れ
・頚椎は屈曲以外の可動域が制限
・後頭骨、仙骨の機能障害
・背中が丸く、体幹の筋力が弱化

■施術内容
・後頭骨、仙骨の矯正
・腰椎を反るエクササイズ
・肩前面の筋緊張を緩和操作
・体幹の強化

■施術後の感想
・カイロプラクティックを受け始めてからは体が軽くなって疲れにくくなりました。徐々に首の動きも良くなってきて、腕の痺れや痛みの場所も小さくなってきたようです。

・これまでは歩くのも嫌になっていましたが、頭痛やめまいを感じることも少なくなってきたので、健康のためにウォーキングでもやってみようかと思います。

・同じような症状で整体に通っている会社の同僚にもカイロプラクティックをオススメしたいと思います。

■担当コメント
変形性頚椎症で来院されたケースです。

頚椎の変形が進行すると、神経が圧迫されて、首の痛み、腕の痛み、痺れ、頭痛、めまい、筋肉の萎縮、などが起こることがあります。これを変形性頚椎症と言います。

変形性頚椎症の発症までには、様々な原因が積み重なっています。その中でも比較的大きな割合を占めているものが姿勢の悪さや、背骨・骨盤のゆがみです。
ゆがみとは機能障害のことを表現しており、関節が固くなって正しく動かないことや、逆に不安定になってグラグラしていることなどを指しています。カイロプラクティックでは、まずこのような機能障害が首や腕の症状にどの程度関与しているのかを調べていきます。初回の検査がとても大切なのです。

変形が軽度~中程度の場合は、ゆがみを解消しながら良い姿勢を意識することで、頚椎症が徐々に軽くなっていくと考えられます。しかし前述したように、今までの積み重ねが原因になっていますので、施術後に即良くなる!ということは考えにくく、適切なプランニングのもと、施術を継続することが大切です。

たまに変形を放置する方がおりますが、これはオススメできません。なぜなら、変形によって体は代償運動を起こし、機能障害を増加させます。このような状態が長く続くと、将来に別の症状が現れるリスクが高くなると言えるからです。

まだ変形を起こしていない方でも、普段から背骨のメンテナンスを行うことで、頚椎の変形や頚椎症の予防になると考えられます。定期的なカイロプラクティックは予防の観点からもオススメできるヘルスケアだと言えるでしょう。

メールフォームが開きます
似ている症例はこちら!
アクセス方法はこちらから

◆国際基準カイロプラクティック【フィジック恵比寿】
◆東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
◆電話:03-6450-2365
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日
不定休:金曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031