渋谷区恵比寿の国際基準カイロ院フィジック恵比寿◆筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の整体|フィジック恵比寿|国際基準カイロ

病院で言われた月経前症候群(PMS)。イライラ、腹痛とお腹の張り、腰痛に悩んでいる。

生理直前から翌日に出ることが多い生理痛。

デスクワークになってから症状が強くなった。

30代 女性 臨床心理士 渋谷区恵比寿に在住

■初診の状態
・月経前症候群による腹痛、お腹の張り、腰痛で来院。
・半年前に転職してデスクワーク主体の仕事となった。
・最近は趣味のヨガにも行けておらず、運動不足気味。
・鎮痛剤でごまかす事も多いが、将来のことを考えて体質改善したい。
・恵比寿の近辺で、整体系の治療院を検索した。

■検査結果
・腰椎、骨盤(仙骨)のゆがみ
・左右の太ももの筋力にアンバランスがみられる。
・手足が冷たく、足には軽いむくみがある。
・猫背姿勢で顎が前に突き出た姿勢。

■施術内容
・骨盤(仙骨)の矯正
・腰の筋肉を緩和操作
・腰椎の柔軟性を高める運動療法
・姿勢を正しく保つアドバイス

■施術後の感想
・定期的に通っていますが、カイロプラクティック」を受ける前よりも生理前の症状が軽くなっています。イライラする事も少なくなり、気持ちも落ち着いてきました。

・お陰様で、家族にきつく当たってしまう事も少なくなり、主人と二人で喜んでいます。

・相談しやすい雰囲気の先生で、安心しました。今後もよろしくお願い致します。
※ご本人の了承を頂き、掲載しております。

■担当コメント
月経前症候群では、月経前に様々な症状が3~10日程続き、月経後には何事も無かったかのように消えてしまいます。

主な症状は、イライラ、頭痛、腹痛、お腹の張り、肌荒れ、疲れ、むくみ、うつっぽい感情などがありますが、その数は200以上とも言われます。

全女性の50%~80%が月経前症候群の症状があるとされており、ご自分で症状をコントロールできない場合もあります。
症状には精神的な内容も含まれるため、対人関係にも影響し、多くの女性を悩ませる原因の一つです。

月経前は黄体期と呼ばれ、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の分泌が盛んになります。
その結果、食欲増進、子宮内膜の肥厚、基礎体温の上昇、体内の水分調整が盛んになるなど、妊娠の準備が進んでいきます。
しかし女性ホルモンのバランスが崩れると、体の調整が適切に行われないため、月経前症候群の症状が現れるのです。

カイロプラクティックでは、このバランスを司っている神経系に働きかけ、ホルモンバランスを整えるサポートをします。
また、カイロケアは月経中に分泌されるプロスタグランジンの量を下げるとの報告もあります。
このプロスタグランジンは、生理痛の原因とされるホルモンであるため、生理痛の緩和も十分に期待できるでしょう。

女性が月経に悩むことなく、自分らしくあるために、カイロプラクティックで一人ひとりをバックアップできればと思います。

※結果には個人差があり、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

フィジック恵比寿
03-6450-2365
国際基準カイロプラクティック&少数ヨガスタジオ

東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031