恵比寿の国際基準カイロ、フィジック恵比寿!筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の国際基準カイロプラクティック、フィジック恵比寿の症例サイトです。

慢性的な腰痛が悪化して足しびれる。腰椎椎間板ヘルニア?

足のしびれを出す外側大腿皮神経の圧迫

腰痛の悪化に伴う足の神経障害

50代 男性 会社役員 世田谷区三宿に在住

■初回の訴え
・慢性的な腰痛が1週間前から悪化した。
・足の外側が痺れており、仕事に集中できない。
・以前に腰椎椎間板ヘルニアを経験している。
・三軒茶屋駅から通える範囲内で治療院を探していた。

■検査
・下肢挙上検査では痛みがない。
・股間節の付け根を叩くと足が痺れる。
・腰椎、股間節の機能障害。
・大腿筋膜張筋の過剰な緊張。
・梨状筋の筋力低下。

■カイロプラクティック施術
・股関節と腰椎の矯正
・大腿筋膜張筋の緩和操作
・普段の姿勢についてアドバイス

■患者さんの声
・腰椎椎間板ヘルニアだと思い込んでいましたが、その可能性が低いと分かり、安心しました。
・今では症状も落ち着き、慢性的な腰痛も改善されて嬉しく思っています。
・腰痛や足が痺れる原因を解説してもらえて、納得して施術を受けることができました。

■担当コメント
この方は慢性的な腰痛が悪化して足も痺れ始めたので、腰椎椎間板ヘルニアではないかと不安に思われていました。
神経学的検査では、椎間板ヘルニアの可能性は低かった為、外側大腿皮神経の障害を疑いました。

外側大腿皮神経は、太ももの外側を支配する神経で、股間節の前側から表面に出てくる神経です。
これが障害されると、股間節周りの痛みや、太ももの痛み・しびれなどが出てきます。
股間節への強い衝撃や、不良姿勢、腰椎・骨盤のゆがみ、股間節の機能障害などで発症することがあります。

カイロプラクティックで問題箇所を適切に矯正し、神経の圧迫を取り除くことで改善に向かっていきます。

椎間板ヘルニアを経験された方は、腰痛が再発すると、とても不安になると思います。
国際基準のカイロプラクターは、そうした不安を十分に理解して、適切な検査と施術が提供できるように、高度な専門教育を受けています。

体のことでお困りの方は、是非、国際基準のカイロプラクティックを試してみてください。

※結果には個人差がある為、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

フィジック恵比寿
03-6450-2365
国際基準カイロプラクティック&少数ヨガスタジオ

東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031