渋谷区恵比寿の国際基準カイロ院フィジック恵比寿◆筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の整体|フィジック恵比寿|国際基準カイロ

内側上顆炎(ゴルフ肘)で来院。重いカバンを頻繁に持ち歩く。

渋谷区 肘の痛み 整体 ゴルフ肘 恵比寿 フィジック

肘の内側に感じる鋭い痛み

病院では光線治療を受けたが、症状に変化がなく来院

30代 男性 営業職 渋谷区広尾に在住
■初診の状態
・普段からパソコンが入った重いカバンを持ち歩いている。
・半年前から、左肘の内側にズキズキした痛みを感じる。
・酷い時には、手首付近にも鈍い痛みを感じることがあった。
・肘の痛みの影響か、以前からあった肩こりも強くなっている。
・友人に相談したところ、フィジック恵比寿を紹介されて来院。

■検査結果
・手首の屈筋腱(内側上顆)に強い圧痛。
・屈筋群の過剰な緊張と上腕三頭筋の弱化。
・手首の関節が機能障害
・胸椎の後弯が減少

■施術内容
・ステンレス製のバーによる屈筋腱のリリース
・肩甲帯と胸椎の矯正
・上腕三頭筋のエクササイズ
・手首を細やかに矯正

■施術後の感想
・数回の治療で肘の痛みが少なくなり、今ではカバンも持っても痛みに悩まされることは無くなりました。

・肘の問題だけではなく、カバンを持っている時の姿勢や、全身の問題点を診てもらえたので、以前より肩こりも少なくなりました。

・毎日、帰宅後のアイシングが大変でしたが、今は痛みで生活が振り回されることもないので、感謝しています!

※ご本人の了承を頂き、掲載しております。

■担当コメント
内側上顆炎(ゴルフ肘)で来院された症例です。

肘の内側は内側上顆と呼ばれ、そこには手首を曲げる筋肉(屈筋)が付いています。
重い荷物の影響や、手首を頻繁に曲げる習慣がある場合、屈筋腱に過剰な負担がかかり、鋭い痛みやズキズキした症状が出る場合があります。

一般的には炎症が起こっていると言われますが、実際には炎症よりも機能の低下で症状が慢性化しているケースが少なくありません。

カイロプラクティックでは手首や肘関節の機能を正常にし、姿勢や肩甲骨の働きを整えます。
屈筋と伸筋のバランスを整える運動療法なども併用し、肘への負担を軽減させることを目的に施術をしていきます。

内側上顆炎(ゴルフ肘)は長期化すると、屈筋腱の張力によって骨の増殖が起こり、変形につながるケースもあるため、場合によってはレントゲンでの確認が必要な場合もあります。
肘の痛みは日常生活にも多大な影響を出すため、QOLが著しく低下することもあります。

痛みに振り回さない充実した毎日を送っていただくためにも、放置をせず、早めにご相談ください。
お一人おひとりの力になれるよう、フィジック恵比寿が全力でサポートいたします。

※結果には個人差があり、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

フィジック恵比寿
03-6450-2365
国際基準カイロプラクティック&少数ヨガスタジオ

東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829