渋谷区恵比寿の国際基準カイロ院フィジック恵比寿◆筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の整体|フィジック恵比寿|国際基準カイロ

ランニング中、20km以降で膝の外側が痛む。ランナー膝の疑い。

ランニング中に感じるズキズキした膝の痛み。

マラソンイベントには何とか出たい!

30代 女性 インストラクター 杉並区永福に在住

■初診の状態
・半年前から、ランニングで膝が痛むようになった。
・いつも20km以降から右膝の外側がズキズキする。
・病院では消炎鎮痛薬を出されたが、痛みは依然続いている。
・近々マラソンのイベントを控えており、気持ちが焦っている。
・整体やマッサージなど色々試してきたが、カイロは初体験。

■検査結果
・ランナー膝(腸脛靭帯炎)の疑い。
・股間節、腰椎のゆがみ。
・リスフラン関節の可動制限。
・大腿筋膜張筋の過剰な緊張。
・後脛骨筋の筋力低下。

■カイロプラクティック施術内容
・股間節、腰椎の矯正。
・大腿筋膜張筋の緩和操作。
・リスフラン関節の矯正。
・立方骨の矯正。

■施術後の感想
・症状は少し残っていましたが、何とかイベントにも間に合わせることができました!
・病院では原因を指摘してくれなかったが、フィジックでは体の使い方や関節の構造について説明してもらえたので安心できました。
・今後も定期的にフルマラソンに出たいので、メンテナンスをお願いします。

■担当コメント
フィジック恵比寿のランナー膝(腸脛靭帯炎)の疑いで来院されたケースです。

最近は若者にも人気のランニングですが、故障も多いのが事実です。
体幹や殿部・足などの筋力が足りないケースや、放置された体の歪みが根本的な原因となり、足首、膝、股間節、腰などに症状を抱えている方が多いようです。

ランナーに頻繁に見られる障害は膝の外側の痛みです。
これはランナー膝(腸脛靭帯炎)と呼ばれています。

ランナー膝とは、脛骨と腸脛靭帯に過剰な摩擦が起こり、慢性的に炎症を招く障害です。
原因はランニングフォームの崩れですが、これには体の歪みが関わっています。
カイロプラクティックで歪みを矯正し、正しい筋肉の使い方を練習することで、ランニングフォームが改善されていきます。
結果的にランナー膝(腸脛靭帯炎)も緩和され、より長距離に対応できる体づくりに繋がっていきます。

※結果には個人差があり、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

フィジック恵比寿|今なら、初回割引キャンペーン実施中|
カイロプラクティック・整体 初回施術料 通常7,500円⇒4,900円(期間限定)

ご予約はWebまたは、お電話より受け付けております。

お電話でのご予約はこちら

Web予約フォーム

事前に入力、便利なオンライン健康調査票はこちらから健康調査票

カイロプラクティック・骨盤矯正について

詳しくはこちら

フィジック恵比寿
03-6450-2365
WHO国際基準
カイロプラクティック&少数ヨガスタジオ

東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日

フィジック恵比寿

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829