渋谷区恵比寿の国際基準カイロ院フィジック恵比寿◆筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の整体|フィジック恵比寿|国際基準カイロ

ボウリングによる股関節痛。数ゲームで軸足のお尻が痛くなる。

ボールリリースの時に感じる左股関節の鈍い痛み。

チーム戦の大会を控えており、不安を感じている。

40代 女性 ラジオパーソナリティ 港区白金台に在住

■初診の状態
・数年前からボウリングにハマっている。
・大会に向けて練習量を増やしたら左股関節が痛み出した。
・特にリリースの時に、左股関節の外側~お尻に鈍い痛みを感じる。
・マッサージは定期的に受けるが、整体の経験はない。
・ボウリング仲間に紹介され、フィジック恵比寿に来院。

■検査結果
・スクワットで左股関節がスムーズに曲がらない
・腰が丸まっており、骨盤が後傾している
・左腸腰筋、内転筋が筋力低下
・骨盤(仙骨)、股関節のゆがみ
・右肩甲骨まわりの筋肉が緊張

■施術内容
・仙骨、左股関節の矯正
・肩甲骨まわりの筋膜リリース
・腸腰筋、内転筋のエクササイズ

■施術後の感想
・ゆがんでいる関節を矯正しただけで、体が使いやすくなって驚きました!股関節の痛みも少なくなって、チーム戦にも参加できそうです!

・体の構造や筋肉の使い方などを、細かく検査してもらえたので安心できました。フォームをビデオに撮って見てもらえたことも嬉しい点でした!

・先生もボウリング好きらしく、パーフェクトゲームの経験があることには驚きです!ボウリング怪我なども理解してもらいやすいと思います。

※ご本人の了承を頂き、掲載しております。

■担当コメント
ボウリングでボールをリリースする際、軸足の股関節に痛みを感じるというケースです。

ボウリングは体への負荷が大きく、慣れない方はゲーム中盤でも筋肉痛を感じるほどです。
その原因はボールの重さにあると言って良いでしょう。

プッシュアウェイからリリースまでの間、腕はできるだけ力まずに、重力によるボールの自然な軌道を邪魔しないのが一般的な投球フォームです。
そしてボールの軌道を保つためには「重さに耐える」という体の働きが必要になります。

ボールの重さは背中、腰、骨盤、股関節、膝関節などに分散されますが、関節のゆがみが存在すると、均等に分散されず、どこかに集中して負荷がかかってしまいます。

この方の場合はボールウェイトを股関節で受け止めるクセがありましたが、その原因は股関節と骨盤のゆがみだと考えられました。
カイロプラクティックの矯正によってゆがみが解消したため、フォームの安定化につながり、股関節への集中的な負荷が軽減したと考えて良いでしょう。

女性の場合はボールの重さに負けてしまうケースが少なくないようです。
しかし、やみくもに筋力トレーニングを行なうのではなく、関節のゆがみを正した上でのトレーニングの方が効率的です。
ボウリングを長く楽しむためにも、関節を正して投球フォームを見直すこともオススメいたします。

※結果には個人差があり、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

フィジック恵比寿
03-6450-2365
国際基準カイロプラクティック&少数ヨガスタジオ

東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031