渋谷区恵比寿の国際基準カイロ院フィジック恵比寿◆筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の整体|フィジック恵比寿|国際基準カイロ

プリエで股関節の奥が痛む。バレエの公演を控えて来院。

体幹と骨盤の働きが大切なプリエ

股関節の痛みは骨盤のゆがみと体幹の弱化が原因

30代 女性 ダンス学校講師

■初診の状態
・2週間前から右股関節の奥に違和感を感じる
・プリエで股関節の奥から太ももの内側に痛みが出る
・自分で股関節のストレッチを行ったが、あまり変化を感じない
・1ヶ月後に大事な公演があり、それまでに体を整えたい
・整体を時々受けていたが、最近は久しく受けていない

■検査結果
・右腸腰筋の過剰な緊張
・右股関節の外旋制限
・上部腰椎、右骨盤のゆがみ
・体幹の左右がアンバランス

■施術内容
・上部腰椎、骨盤の矯正
・股関節の矯正
・腸腰筋のストレッチ
・バランスボールを使用した体幹エクササイズ

■施術後の感想
・初回で股関節の違和感が消えて、数回の施術でプリエの痛みもすっかり無くなりました。目標にしていた公演も成功して大満足です!

・国際基準のカイロプラクティックは初めてでしたが、整体よりも専門的な感じがしました。定期的に体の使い方をチェックして頂こうと思っています。

※ご本人の了承を頂き、掲載しております。

■担当コメント
プリエの動作で股関節に痛みを感じているプロバレエダンサーの症例です。

ターンアウトやプリエの動作では、股関節の外旋が重要な動きになります。
この際、骨盤の適度な前傾をキープする必要があり、そためには体幹が重要な働きをするのです。

しかしこの方は体幹が左右でアンバランスになっており、補助的な働きをする腸腰筋が過剰に緊張していました。
そのため、股関節の機能が低下し、痛みに繋がったと考えられます。

過剰な筋肉の緊張が続くと、そこに関わる関節のゆがみが生まれ、筋肉の使い方にも問題が出てきます。
このようなケースでは、カイロプラクティックの矯正とリハビリ運動で、正しい筋肉の使い方を取り戻すことができます。

痛みを感じた時に自分でストレッチをする方は多いですが、安易なストレッチは体のバランスを崩し、不安定な状態を作り出します。
状態を維持するために必要な緊張もあるため、体の弱い部分や、運動機能をしっかりチェックして施術をすることが重要です。

公演までの間、施術を定期的に継続したため、プリエ以外のバレエ動作もやりやすく感じたようです。
カイロプラクティックは運動機能を高めるため、海外ではスポーツ分野でも広く普及しています。
ご自分のパフォーマンス向上や、スポーツによる不調でお困りの方は、国際基準カイロプラクティックをお試し下さい。

※結果には個人差があり、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

フィジック恵比寿
03-6450-2365
国際基準カイロプラクティック&少数ヨガスタジオ

東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829