渋谷区恵比寿の国際基準カイロ院フィジック恵比寿◆筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の整体|フィジック恵比寿|国際基準カイロ

フォーカルジストニアで来院。会議で声が出なくなる。

緊張すると声が出なくなる。

歌手、音楽家などに多いフォーカルジストニアで来院。

40代 女性 会社役員 目黒区中央町に在住

■初診の状態
・2年前から突然、声が出にくくなった。
・病院ではフォーカルジストニア(局所性ジストニア)と診断。
・現在は専門的なリハビリで、多少声を出しやすくなった。
・最近は会議中などに、声が出せなくなる事が多い。
・フィジック恵比寿の患者様よりご紹介で来院。

■検査結果
・環椎後頭関節の機能障害
・舌骨下筋群と、上筋群のアンバランス
・上部胸椎、胸郭の柔軟性低下

■施術内容
・第1頚椎、上部胸椎の矯正
・胸郭、仙骨を緩やかに矯正
・舌骨下筋群の筋紡錘、腱紡錘刺激
・横隔膜治療

■施術後の感想
・もともとストレスが強く、無意識に体がこわばりがちでした。施術の後には力が抜ける感覚で、全身に血が通った感じがします。

・発声に関わる場所をピンポイントで狙って頂けるので嬉しいです。

・フォーカルジストニアの診断を受けてから、色々な治療法を試しましたが、これまでで一番納得できる内容だったので、信用しております。今後もよろしくお願い致します。

※ご本人の了承を頂き、掲載しております。

■担当コメント
フォーカルジストニア(局所性ジストニア)で来院された方の症例です。

フォーカルジストニアとは、筋肉が不随意に(意図せずに)緊張して、コントロールできなくなる障害です。
歌手、ギタリスト、講師、ピアニストなどに多く、その治療方法は確立していないのが現状です。

この方は「発声時頚部ジストニア」の診断を受けており、発声時に不随意な首の緊張が生まれ、声がかすれたり、ガラガラ声になってしまうという症状がありました。

カイロプラクティック的な検査を行ったところ、ジストニアによって緊張する筋肉の拮抗筋(相反する働きをする筋肉)の働きが低下していました。
また、その筋肉に関わる背骨の働きも低下していました。
まずは神経と筋肉の働きを向上させる目的で、オーソドックスなカイロプラクティックを数回行いました。
その後はリハビリの要素を追加し、定期的な施術を行っています。

未だに寛解はしておりませんが、声が出なくなる頻度が減少傾向にあります。

基本的な施術コンセプトは「発声に関わる器官の機能低下を取り除く」ということです。
これをベースにしながら、横隔膜、肋骨、肩甲帯、姿勢矯正などを行いながら、変化を狙っていきます。

フォーカルジストニアにおいては、正しく信号のを伝達するため、その経路を保つことが重要だと思われます。
神経の働きを向上させるカイロプラクティックケアが、お役に立てるかも知れません。

※結果には個人差がある為、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

 

フィジック恵比寿
03-6450-2365
国際基準カイロプラクティック&少数ヨガスタジオ

東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年6月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930