渋谷区恵比寿の国際基準カイロ院フィジック恵比寿◆筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の整体|フィジック恵比寿|国際基準カイロ

ジムでスクワットをすると膝の前側がコキコキして痛む。

膝を曲げる度に、聞こえるコキコキした音。

膝痛の根本的な原因を知りたくてフィジック恵比寿へ。

50代 男性 会社経営者 目黒区三田に在住

■初診の状態
・健康管理の為にジムへ通っている。
・1週間前からスクワットで膝が痛むようになった。
・痛みはキーンとした感じで、膝のお皿まわりに出る。
・症状が出た原因は何なのかを見てもらいたい。

■検査結果
・膝蓋大腿関節(膝のお皿)の機能障害
・縫工筋、内転筋の筋力低下
・腰椎、骨盤のゆがみ
・大腿四頭筋の過剰な緊張

■施術内容
・腰椎、骨盤の矯正
・大腿四頭筋の緩和操作(筋膜リリース)
・膝のお皿を軽く調整
・内転筋の強化エクササイズ

■施術後の感想
・フィジックさんは健康管理を主体としていて、自分では気付けないような点まで指摘してくれるので、ありがたいです。

・おかげで今は膝の痛みに悩むこともなく、ますます運動が好きになりました。

・整体やマッサージはあまり経験がなく、もちろんカイロプラクティックも初めてでした。今後は生活の中に、背骨のメンテナンスを加えたいと思いました。

※ご本人の了承を頂き、掲載しております。

■担当コメント
膝を深く曲げるとコキコキ音がして痛むという症例です。

この方は背骨や骨盤の機能が低下し、筋肉のアンバランスが存在した状態で運動を続けていたため、体に過剰な負担がかかり、膝関節痛につながっていたと考えられます。

また、膝蓋骨(膝のお皿)の動きに問題が生じると、膝の曲げ伸ばしがスムーズにいかず、音が鳴る、曲がらない、伸ばしきれない、などの問題が起こりやすくなります。
このような運動時の問題に対しては、

・アンバランスな筋肉を整える
・関節周辺のインナーマッスル強化
・関節のセンサーを刺激する
・背骨、骨盤のゆがみを矯正

といった内容の施術を組み合わせることで、徐々に理想的な体に向かっていくと考えられます。

健康意識の高い方は、自己流で運動を頑張りすぎる傾向があるように感じられます。
健康管理の一環として運動は大切ですが、自己流で頑張りすぎてしまうと、体の機能は逆に低下する可能性があるため、正しい運動方法を身につけることが大切です。

フィジック恵比寿は症状に対する目線だけではなく、日常生活における問題点や、運動のやり方といった広い視点で施術を進めていきます。
より健康になりたいとお考えの方にこそ、フィジックのカイロプラクティックを受けて頂きたいと思います。

※結果には個人差があり、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

フィジック恵比寿
03-6450-2365
国際基準カイロプラクティック&少数ヨガスタジオ

東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年10月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031