恵比寿の国際基準カイロ、フィジック恵比寿!筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の国際基準カイロプラクティック、フィジック恵比寿の症例サイトです。

腕相撲で肘の内側に違和感が残ってしまった

30代 会社員 渋谷区東に在住
■初診の状態
・友人のパーティーで腕相撲をしてから肘の違和感が続いている
・違和感は肘の内側から手首の周辺にかけて感じる
・荷物を持つことにも不安を感じる
・早めに診てもらおうと思い、施療院や整体を探した

■検査結果
・手首を手前に曲げると違和感が出る
・こぶしを思い切り握った時にも軽い違和感がある
・肩甲骨周辺の可動域が制限されている
・手首、肘関節の機能障害

■カイロプラクティック施術内容
・背骨のゆがみを矯正
・手根骨、腕尺関節の調整
・腕の神経機能を調整する施術
・肩甲骨はがし

■施術後の感想
・肘の違和感が出る原因や、これからの施術内容についてきちんと解説があるので安心しました。
・カイロプラクティックは始めてでしたが、矯正の後には腕が使いやすくなっており、肩こりも楽になった気がします。
・思っていた以上に初回の検査が多くて驚きましたが、それだけしっかり診てもらえているということなのだと思います。私は信頼して施術をおまかせしました。

■担当コメント
腕相撲後に肘の内側に違和感が残ってしまった症例です。

パワー系のスポーツでは、握力を使う機会が多いですが、そもそも腕相撲の場合は握力が出にくいポジションでの勝負になります。
つまり最大握力が出ていない状態で、手首や肘関節に相当の負荷がかかるため、相手の力によっては関節のダメージが通常よりも大きくなります。

また、パワーを発揮している時の筋肉は、以下の3パターンのいずれかに該当します。

①筋肉が短くなって力を出している
②筋肉の長さが変わらないまま力を出している
③筋肉が伸びながら力を出している

一番ダメージを負いやすいパターンは③ですが、まさに腕相撲で負けている時の筋肉の状況です。
このような要因がミックスされて、肘周りの筋肉や靭帯が傷んだと予想されます。

傷んだ組織が回復するまでは、代償動作(かばう動作)を取らないことが非常に大切です。
カイロプラクティックケアは不必要な代償動作を軽快させ、正しい運動を導きます。

初めは施術間隔を詰めることで、最大限に代償を防ぐことができます。
週に2回程度の施術間隔から始めて、週1回、2週に1回、、という具合に伸ばしながら様子を見ていきます。
改善までは少し期間が必要ですが、正しい事を継続すると徐々に変化が現れてきます。

国際基準のカイロプラクターは靭帯の構造や神経の働きなどを理解しているため、最適な施術とアドバイスがご提供できるでしょう。

※施術後の状態には個人差があり、掲載内容は施術結果を保証するものではありません。

フィジック恵比寿の予約、お問合わせはこちら

フィジック恵比寿 TEL03-6450-2365
WHO国際基準
カイロプラクティック&マンツーマンヨガスタジオ
東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階

JR恵比寿駅からフィジックへの歩き方はコチラ

平 日:10:30~20:30(最終受付19:30)

土日祝:10:30~19:00(最終受付18:00)
定 休:木曜日 金曜(不定休)

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30