恵比寿の国際基準カイロ、フィジック恵比寿!筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の国際基準カイロプラクティック、フィジック恵比寿の症例サイトです。

胸を張ると肩が痛い。肩から腕にかけて鋭く痛む症状で来院。

呼吸機能の低下と、横隔膜の緊張が原因。
カイロプラクティック、内臓調整を組み合わせた施術が必要。

30代 女性 会社員 渋谷区神泉より来院

■初診の状態
・3週間前から左肩~腕に鋭い痛みが出るようになった。
・痛みは肩関節の奥から、腕の外側付近に感じる。
・最近はみぞおち付近もムカムカする。
・デスクワーク中、姿勢を正そうとして胸を張ると症状が悪化。
・マッサージに何回か通ったがあまり改善せず、整体院を探していた。
・友人にカイロを勧められて、フィジックへ来院。

■検査結果
・各理学検査上は特に異常がなかった
・腕を上に上げると途中から痛みが増強する
・下部頚椎、胸腰移行部のゆがみ(機能障害)
・左横隔膜が過剰に緊張している
・胃、食道の機能低下

■カイロプラクティック施術内容
・下部頚椎、胸椎、腰椎の矯正
・横隔膜のリリース
・胃、食道に対して内臓調整
・胸郭の柔軟性をつける体操

■施術後の感想
・初回からどんどん回復していくのが実感できました。もっと早く来ていればよかった!

・1ヶ月近く症状が続いていたので病院に行こうか迷っていましたが、国際基準のライセンスを取っているカイロの先生なので安心して相談できました。

・こちらではカイロプラクティックの他にも、内臓治療や頭蓋骨の矯正なども行っているようなので、トータルケアを求めている方にオススメだと思います。

■担当コメント
肩から腕にかけての症状は、横隔膜の緊張でも起こる場合があります。
特にデスクワーカーの方は座った姿勢が長いために、背中が丸くなり胸郭を圧迫する機会が増えます。これによって呼吸が浅くなり横隔膜の緊張へと繋がるのです。
さらに、今回のケースは「内臓体性反射」「体性自律神経反射」という反射が強く影響していたため、症状が長引いたと考えられます。

反射については少し難しい話になりますが、一言で言えば、刺激が神経を伝って別の部分に様々な影響を出すものだと考えて下さい。辛い痛みや症状で苦しんでいる場合は、このような反射が影響し過ぎていたり、反射機能そのものにエラーが起こっている場合があるのです。カイロプラクティックはこのような反射を考慮に入れて、体を健全に戻すようなアプローチが可能です。

今回のように呼吸が症状に関わっているケースは決して珍しくありません。「呼吸が浅い」ということを自覚するのはとても難しいため、無自覚のまま長年に渡って呼吸機能が低下している方は多いでしょう。
一般的に呼吸の改善にはヨガが有名ですが、体の状態によっては逆効果になるため注意が必要です。そもそも胸郭や脊柱に機能障害を残した状態で体を動かせば、関節や筋肉に過剰な負荷がかかります。結果、筋疲労や関節痛を招きやすくなり、せっかくのセルフケアは効果が半減します。時には無理な運動によって怪我のリスクが上昇することも注意すべきポイントです。

体の機能に何かしらの心配が有る方は、一度我々プロにおまかせ下さい。国際基準カイロプラクティックを通して、体の健全化を応援いたします!

メールフォームが開きます
似ている症例はこちら!
アクセス方法はこちらから

◆国際基準カイロプラクティック【フィジック恵比寿】
◆東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
◆電話:03-6450-2365

平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日
不定休:金曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2018年1月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031