恵比寿の国際基準カイロ、フィジック恵比寿!筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の国際基準カイロプラクティック、フィジック恵比寿の症例サイトです。

左手がむくみ、指の力が入りにくい。胸郭出口症候群の疑い。

<指の痛みや痺れだけじゃない!?過外転症候群の疑い!>

30代 女性 心理カウンセラー 世田谷区池の上から来院

●来院した時の状態
・1ヶ月前から左手にむくみが現れて、親指に違和感を感じるようになった。
・徐々にむくみは引いたが、その後は指の力が入りにくい。
・ビンのフタや、キャップなどを開ける動作がやり難くて困っている。
・肩こりが原因だと思いマッサージを受けたが、依然として指の力が弱い。
・友人に紹介されてフィジック恵比寿へ来院。

●検査結果
・左胸郭出口症候群(過外転症候群)の疑い。
・右手に比べて左手の握力が極端に弱い。
・神経学的検査は正常。
・左腕を上に挙げたままキープしていると手が冷たく感じる。
・左肩甲骨を寄せる動作が苦手。(菱形筋の筋力低下)
・左胸の筋肉が過緊張。
・鎖骨、胸椎、頚椎の機能障害。

●カイロプラクティック施術の内容
・下部頚椎、上部胸椎の矯正。
・左の鎖骨(肩鎖関節)の矯正。
・腕に伸びている動脈の圧迫箇所をリリース。
・左小胸筋のストレッチング。
・肝臓と腎臓のエネルギーバランスを調整。(内臓調整)

●患者さんの感想
・変な病気になってしまったのではないかと思い、不安な毎日でしたが、施術を受けた後は指の力が戻って本当に安心しました。

・原因が血流や関節のゆがみだけではなく、内臓なども関わっているというお話がとても興味深いものでした。

・自分は健康を気遣っている方だと思っていたので、まさか突然このような症状が出てくるとは思いませんでした。思っている以上に体の負担が蓄積していることに気付かされたので、今後はメンテナンスをお願いしたいと思います。

●担当カイロプラクターから
胸郭出口症候群とは、腕の血管や神経が圧迫されて起こる疾患です。その症状は「手や腕の痛み」「冷感」「しびれ」といった感覚障害をはじめ、握力低下、脱力感、腕のだるさなどの運動麻痺が挙げられます。胸郭出口症候群は大きく分けて3種類が存在します。

1◆過外転症候群(小胸筋症候群)
これは今回の症例で最も疑わしかったものです。肩甲骨の突起が腕の血管や神経を圧迫して起こります。主原因は「胸筋の過緊張」と言われていますが、実際には様々な要素が絡んでいます。

2◆斜角筋症候群
これは首の側面にある斜角筋という筋肉が血管と神経を圧迫することで起こります。斜角筋は前・中・後の3本が存在しており、どの筋肉が最も関わっているかを鑑別することが重要です。

3◆肋鎖症候群
これは鎖骨が血管と神経を圧迫することで起こります。鎖骨と肋骨は非常に近い距離ながら隙間を保っています。しかしその距離が狭くなると圧迫が生まれてしまうのです。全員ではありませんが、生まれつき頚肋と呼ばれる骨の突起を持っている方がおります。このような方は比較的症状を出しやすいと言われています。

以上が胸郭出口症候群の3種類ですが、実際には明確な分類ができないことも多々あります。細かい検査によって機能障害と原因を突き止め、矯正やエクササイズで改善を促していくことが大切です。
今回のように「むくみ」が関与している例もあり、このような場合には内臓の機能を考慮することも必要です。あまり知られていませんが、内臓と筋肉には深い関わりがあるため、これらの関係性を検査で明らかにしていくと、意外な部分に原因が見つかることもあります。

フィジック恵比寿ではこれまでに胸郭出口症候群の疑いがある方が大勢ご来院されていますが、一人ひとり微妙に違いがあるため、丁寧な問診と検査を心がけています。
少しでも早く健全な日常生活を取り戻して頂くために、お困りの方はお早めにご相談下さい!

メールフォームが開きます
似ている症例はこちら!
アクセス方法はこちらから

◆国際基準カイロプラクティック【フィジック恵比寿】
◆東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
◆電話:03-6450-2365

平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日
不定休:金曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2018年9月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930