恵比寿の国際基準カイロ、フィジック恵比寿!筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の国際基準カイロプラクティック、フィジック恵比寿の症例サイトです。

バレーボールの練習中に右腰が痛む。根本的に体を整えたい!

以前から感じていた右腰の張り。

大きな大会で活躍するためにも、根本的に改善したい。

30代 男性 公務員 港区白金に在住

■初診の状態
・慢性的に右腰に張り感を感じる機会が多い
・趣味のバレーは数年前から続けている
・練習の後や、大会の後には右腰の張りが強くなる
・マッサージは定期的に受けているが、根本的に体を見直したい
・バレボールー仲間に整体を勧められ、WEBで治療院を検索した

■検査結果
・昔から足首の捻挫を繰り返していた
・足を開いて腰を落とす姿勢で右腰が張る
・胸椎、右骨盤の機能低下
・左背筋の筋力低下
■施術内容
・骨盤、胸椎の矯正
・左背筋の運動療法
・足首の固有受容器を刺激
・自宅でできるスクワットを処方

■施術後の感想
・自分の体の弱点を細かくチェックして頂き、何が問題なのかをハッキリ伝えてもらえたことが嬉しかったです。

・カイロプラクティックを受けるようになってから、体がしなやかになって、スパイクが打ちやすくなりました。

・大事な大会に向けて、自分でできるトレーニングもしっかり頑張りたいと思います!

※ご本人の了承を頂き、掲載しております。

■担当コメント
社会人バレーボールのチームに所属されている男性の症例です。

腰を落とすスタンスは、腰椎、骨盤の他、股関節周りの筋肉が正しく働く必要があります。
しかしこの方は関節の機能障害(ゆがみ)が起こっていたため、腰に負担がかかるスタンスになっていました。
これが右腰の張りにつながったと考えられます。

背骨や骨盤の働きが低下すると、そこに関わる筋肉の働きも連鎖的に低下します。
その結果、運動のパフォーマンスが低下したり、正常な姿勢を保てなくなるなどの不具合が生じ、今回のような症状につながってしまいます。

普段から背骨や骨盤をケアしておくことは症状の予防になるばかりではなく、スポーツ分野においてはパフォーマンスが向上すると考えられます。
具体的な症状を感じていなくても、働きが低下しているケースは数多くあります。
体の機能を保つためにも、是非、カイロプラクティックをお役立てください。

※結果には個人差があり、掲載内容は施術効果を保証するものではありません。

フィジック恵比寿
03-6450-2365
国際基準カイロプラクティック&少数ヨガスタジオ

東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
平 日:10:30~20:00
土日祝:10:30~19:00
定 休:木曜日

フィジック恵比寿の行き方

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031