恵比寿の国際基準カイロ、フィジック恵比寿!筋骨格の整体知識に長けた専門のプロが、施術の実例をご紹介します!

menu

渋谷区広尾の国際基準カイロプラクティック、フィジック恵比寿の症例サイトです。

【ランニング障害】走っているとスネが疲れやすい。最近は短い距離でもつってしまう。

30代 女性 会社員 新宿区から来院

●来院した時の状態
・最近、走っていると足のスネが疲れやすい。
・先日の練習では、5km地点でつってしまい、走れなくなった。
・ミネラル不足だと思い、サプリメントを飲んだが変化を感じない。
・レッグウォーマーも試したが、やはりランニング中はつってしまう。
・右股関節の外側に痛みもあり、ランの距離がなかなか伸ばせない。
・知人からフィジック恵比寿を紹介してもらって来院した。

ランニング障害の女性

●検査結果
・片足立ちになると骨盤が不安定になる。
・片側にお尻を降るような歩行が確認できる。
・腸腰筋の筋力低下と、腎臓下垂の疑い。
・股関節の外側が腸腰筋の代償によって過剰に緊張。
・右足が改版母趾になりかけており、扁平足も見られる。
・骨盤、股関節、腰椎頚椎の機能障害

●カイロプラクティック施術の内容
・背骨と骨盤、股関節の矯正
・腎臓を持ち上げる内臓調整。内臓の膜をリリース。
・腸腰筋のリハビリ・エクササイズ
・股関節の外側に位置する筋肉のストレッチと再教育。
・外反母趾に対して緩やかな調整
・ランニング姿勢の確認

●患者さんの感想
・毎回確実に体が変わっており、問題解消に向かっていると実感できたので、納得して施術を継続することができました。

・今まで様々な整体やマッサージなどを受けてきましたが、こんなに細かく体の説明を受けたのは初めてで驚きました!

・足がつってしまう原因だけではなく、走り方や体のゆがみなども含めて、トータルな施術を考えてくれるのでおすすめです!

※ご本人の許可を頂いて掲載しております。

●担当カイロプラクターから
筋肉がつってしまう原因はミネラル欠乏・脱水・冷えなどが一般的ですが、この方はもう少し複雑な原因がありました。

ランニング中にスネがつった原因その1

体の中心に「腸腰筋」と呼ばれる大きな筋肉があります。これは股関節を動かす筋肉ですが、腎臓とも深い関わりがあります。腎臓は体内で移動しやすい臓器なので、浮遊腎(ふゆうじん)や下垂(下に落ちること)を招きやすいと言われています。当然、ポジションの変化によって腎臓の機能は低下するため、好ましいことではありません。特に右側の腎臓は下垂しやすい特徴があり、下垂によって同じ側の腸腰筋が弱化することが多々あります。腸腰筋はランニング中にも頻繁に使用されるため、弱化した状態のまま長い距離を走ることは難しいでしょう。当然フォームが乱れるため、運動のパフォーマンスそのものが低下するのです。

ランニング中にスネがつった原因その2

腎臓は尿を濾過して水分を再吸収したり、血圧調整や血液をアルカリ性に保つ働きなどを担っています。腎臓が下垂すると、これらの機能が低下し、水分バランスの乱れや血中のアシドーシス傾向につながります。アシドーシスとは体液が酸性に傾いた状態で、疲労や炎症を招きやすくなる状態です。これによって、ランニング中の筋疲労が通常よりも早く進んでしまい、スネがつりやすくなったと考えられます。

この方は施術後に毎回距離が伸びていき、4回目の施術時には20km走っても足がつらなくなりました。8回目の施術時には、運動で足がつることもなくなり、現在は大会に向けたメンテナンスを継続中です。

フィジック恵比寿では、カイロプラクティックで構造のゆがみを解消するだけではなく、問題解決のために総合的な視点で施術プランを立てていきます。ランナーの方々は大会などで期限付きの目標があるため、適切なプランニングで確実に前進することが重要です。お困りの方は是非ご相談下さい。

メールフォームが開きます
似ている症例はこちら!
アクセス方法はこちらから

国際基準カイロプラクティック【フィジック恵比寿】
東京都渋谷区広尾1-15-6ヒーロービル3階
電話:03-6450-2365

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031